キャッシングで借りたお金の金利交渉ができるって本当?

キャッシングで借りたお金の金利交渉ができるって本当?

 

キャッシングでお金を借りると、当然ながら利息が発生します。

 

金利が高くなるほど利息が増えるため、なるべく低金利でお金を借りたいところです。

 

そんな時でも交渉次第では、金利引下げして貰えることがあります。

 

・優良顧客なら金利引下げの交渉を行う

利用中のキャッシングでは、○○%〜△△%という金利の表記になっていませんか?

 

○○%は最小の金利、△△%は最大の金利です。

 

新規契約の頃は、最大金利となる△△%が設定されることが多いです。

 

キャッシング会社によっては、顧客から金利引下げの交渉を行うと、認めて貰えることがあります。

 

新規契約したばかりでは、金利交渉しても中々認めてくれないでしょう。

 

金利交渉をまとめるには、利用実績を積み上げておき、キャッシング会社から優良な顧客であると認めて貰うことが必要です。

 

ただし、返済の遅延を行うと台無しになるため、毎月の返済は守って下さい。

 

・増額申請する

キャッシングには利用限度額という仕組みがあります。

 

利用限度額30万円なら30万円まで借りられるということです。

 

キャッシングの金利は利用限度額によっても変わります。

 

利用限度額が低いほど、最大金利に近くなる仕組みです。

 

金利が高い場合は、利用限度額の増額申請を行い、金利を引下げて貰うという方法があります。

 

キャッシングの金利は利息制限法の対象です。

 

利息制限法では次のような最大金利が定められています。

 

借入額 上限金利

 

10万円未満 年20%

 

10万円以上100万円未満 年18%

 

100万円以上 年15%

 

利用限度額100万円以上の増額ができれば、年18%→年15%の金利引下げが期待できるのです。

 

ただし、利用限度額10万円30万円の方が、いきなり100万円以上の利用限度額まで増額して貰えることは少ないでしょう。

 

・まとめ

キャッシングの金利を引下げたい時は、交渉する他、増額申請する方法もあるのです。

 

ただし、金利交渉も増額申請も必ず認めて貰える保証はないという点には注意して下さい。

 
トップへ戻る